痩身エステ 脂肪吸引

脂肪吸引

痩身エステの中で脂肪吸引というものがあります。
脂肪吸引とは、外科的な手術により脂肪細胞そのものを除去する方法です。
米国では年間30万件以上の手術が行われているほどの人気。

 

脂肪吸引の施術は、数多くの医院・クリニックが開発・改良を進めた結果、様々なスタイルを持ち拡大を続けているようです。

 

脂肪吸引とは、カニューレと呼ばれる金属性のストローのような細い吸引管を使って、細くしたい部分の脂肪細胞を吸引してボディラインを整える痩身法で、短期間で確実に、目に見えた効果が期待できます。

吸引可能な量は、体の部位、その人の肥満度や筋肉質などにより決まりますが、除去できる脂肪は皮下脂肪のみで、内臓脂肪は取り除くことはできません。
また、技術向上によって頬、顎、二の腕、腰回り、腹部、お尻、太もも、ふくらはぎ、足首などあらゆる部分での施術が可能になりました。

 

脂肪吸引のすごいところは、痩せたい所が痩せられるということです。
吸引した脂肪を、胸などに再注入することもできる脂肪注入法もあるみたいです。
ただ、脂肪自体はとても軽いものなので、脂肪を吸引しても体重はあまり減りません。

 

しかし、脂肪吸引することで体への負担が大きくなってしまうというリスクもあります。
体への負担を考えると一度に広範囲(お腹と太ももを同時に行うなど)の吸引はできませんし、吸引する時に毛細血管を傷つけることになるので、どうしても腫れてしまいます
また、脂肪吸引した跡が、凸凹になってしまう可能性もあります。

 

腫れの度合いは、医者の経験や技術にもより、回復するまでにある程度の期間が必要になりますし、均一に吸引できていれば凸凹になることはありません。

ちょっとここで脂肪吸引の種類を紹介します。

 

●超音波脂肪吸引法
この方法は体内式と体外式があります。
体内式は、カニューレそのものが超音波を発するものを使い、超音波の振動で脂肪細胞を分解・吸引するので、痛みが少ないようです

 

体外式は、鎮痛、出血抑制などの溶液を注入した後、吸引する部分に超音波を照射し、脂肪細胞を柔らかくしてから吸引します。

 

●シリンジ法
注射器を利用して、注射器の陰圧の力で脂肪を吸引します。
深い部分の脂肪吸引に適しており、浅い部分には適していないとされていますし、高度な技術が必要なので、日本ではあまり行われていません。

 

●チューメセント法
一般的に普及していて、施術の負担を軽くし、スムーズに進めるために効果のある溶液(鎮痛・出血抑制・脂肪を柔らかくするなど)を脂肪吸引前に注入します。
このチューメセント法が開発されたことで脂肪吸引の安全性がとても高くなりました。

 

●浅層脂肪吸引法
皮下脂肪の深い部分を吸引するのが従来の脂肪吸引でしたが、皮下脂肪の浅い部分を吸引することで、皮膚のたるみを極力少なくすることが期待できます。
しかし、高度な技術を必要とするため、熟練された医師による施術が望ましいです。

 

●ハイパーインフレート法
チューメセント法の技術をさらに進めた方法で、施術前に注入する溶液が浅層・中間層・深層と、より広い範囲に効果を与えます。

 

●PAL法
PAL方式(カニューレの先を振動させる脂肪吸引装置)とハイパーインフレート法の技術が融合した方法で、施術時間が短かく、体への負担も少ないとされています。

 

ダイエットをしたいけどリバウンドが怖い、きれいに痩せたいといった人には、部分的なシルエットを改善する脂肪吸引はいい方法なんではないでしょうか。

痩身エステといってもエステサロンや方法がたくさんあって、どこへ行こうか選ぶのが大変だと思います。
そこで、口コミサイトを参考にした痩身エステサロンのランキングをチェック!
サロン選びの参考にしてください。

 

気になるランキングはこちら

痩身エステサロン総合ランキングを見る

こちら